『モリヤの日常』

大学4年モリヤです。受験・就職活動・ITなどなどの情報発信をしていきます。

〈第1弾〉IT業界編 就活を有利に進める業界研究まとめ! 

 

f:id:tukemenoisii:20180612214944j:plain


こんにちわ!モリヤです!

本日は就職活動において大切な「業界研究」!!今回は『IT業界』についてまとめました。

学生の皆さん、特に文系の学生は理系と違って、やりたい仕事、なりたい職業を選ぶのが難しいですよね。

筆者もそうでした。「自分は何をしたいのか?」そんなことをはじめは考えていました!

そんな私が『なぜIT業界で働くこと』を決めたのかも含め、『IT業界』についてまとめてみました。

 

 

 

IT業界とは

そもそも『IT』って?

ITとは「インフォーメーション・テクノロジー」「情報技術」を意味します。

 

???

 

これだけではイマイチ難しいですね。

それでは、分かりやすく皆さんの身の回りに存在する『IT』を説明しましょう!

例えば!

若者の大多数が持ち合わせているスマートフォン』『PC=パーソナルコンピュータ』IT技術を持ち合わせています!

さらに言えば、皆様がそれらを使って利用する「インターネット」「スマホアプリ」IT、情報技術に当てはまります。

いかかでしょうか?

意外と私たちの身近に『IT』は満ち溢れていることがわかります!

それではこの『IT』を仕事にするとはどういうことなのでしょうか?

 

世界一わかりやすいIT(情報サービス)業界の「しくみ」と「ながれ」

IT業界の仕事

 

IT業界の仕事はリクナビマイナビの説明では「情報処理」「ハードウェア」「ソフトウェア」「インターネット・WEB・アプリ」など多岐にわたります。

難しいですね。。

今回は簡単に説明させていただきます!

大雑把にいえば、『モノゴトを効率化する仕事』です!!

例えば、駅の改札!

皆さんご存知でしょうか?昔は駅員さんが利用者1人1人の切符を見てスタンプ・ハンコを押すことで改札を通り電車に乗車をしていました。

しかし、現代では、切符を改札の機械に通すこと、さらには、SuicaやManacaなど電子カードを改札機にかざすことで乗車利用が可能になりました。

これらによって、昔と違い駅員さんがハンコを押す手間が無くなり、「業務が効率化」されるようになりました。

これこそがITであり、『モノゴトの効率化』を行う仕事なのです。

IT企業はこれらのように、「ヒトが行っていた仕事をITの力を駆使して機械化・自動化することでお客様の業務を効率化」する社会貢献性を持ち合わせています。

 

IT業界の動向

また、よくニュース・新聞で耳にする「AI」「自動運転化」「フィンテックなどもIT技術に当たります。

ITは今後ますます必要不可欠な技術に進化すると言われている業界になります。

つまりは、成長性が著しい業界であり、スキル・ノウハウを身に着けることで、会社から必要な存在になりやすくなると考えられ、必然的に年収といった給料面でも上がりやすくなると言えます。

 

 

jukenseishun.hatenablog.com

 

平均年収

平均年収でいうと、一般人の平均年収は約420万と言われています。

対して、IT業界はSEであれが約650万円です!

約200万円の差があります!!!

いかがでしょうか?

これが成長性著しいIT業界の実態になります!!

他にもPL(プロジェクトマネージャー)であれば700万を超えると言われています。

IT業界って夢のある職種が本当に数多くあります。

 

 

IT業界の給与・キャリア(日経BP Next ICT選書) 日経コンピュータReport

最後に

今回は『IT』について分からない方々にわかりやすくまとめてみました

本当に今後必要な技術かつ成長性著しい産業・業界であると言えます。

理系学部でなくても、私のように『文系出身者』が数多く就職や内定をいただいています。

ぜひこれから就職活動に本腰を入れ始めた方や『業界選び』に迷いがあるならばぜひ「IT業界」についても研究をしてみてください。

 

少しでも就活生の皆様のお力添えが出来たなら幸いです。

<関連投稿>

 

 

jukenseishun.hatenablog.com

 

 

jukenseishun.hatenablog.com