『モリヤの日常』

大学4年モリヤです。受験・就職活動・ITなどなどの情報発信をしていきます。

〈受験生必見!〉オススメ!文系学生の1年間の勉強スケジュールの立て方!

 

f:id:tukemenoisii:20180613224716j:plain

こんにちわ!
モリヤです!!

勉強に没頭している皆さんお疲れ様です。

受検勉強は今まで経験してきた定期テストとは違い、何か月、さらには何年という単位で努力を積み上げていかなければいけません。

この長い期間での受験成功のためには、やはり2月本番までに『どの科目』を『どの時期』までに『仕上げていくべき』かスケジュールの『逆算』の重要性についてお話をさせていただきます。

 

1年間の勉強計画

 

なぜ計画が重要であるのか

「勉強計画を立てることで、効率が大きく上がる!」ことが言えます。
勉強計画を立てていないと今の勉強ペースで合格ラインに達することが出来るか分からないためです。

例えば

センター試験で英語の点数8割(160点)をとるために単語を2000個覚える必要があると仮定します。(あくまでも仮定の数字です。)

4月から受験勉強を本格的に始め、(1月にセンター試験があるので)12月までに英単語を仕上げると考えた場合、残り8か月で2000個習得する必要があり、一か月あたり2000÷8=250(個)となります。

つまり、一か月250個の英単語を覚えることを目標に勉強ペースを計画することで、受験本番までに英単語が完璧になり、センター試験を解く実力が出来ます(あくまでも仮定)。

 

計画を立てていない場合

今の自分の勉強はうまくできているのか?など不安に思いながら勉強を進めなければいけません。

受験勉強期間は長く、本番が1月、2月にあるためモチベーションを保ち続けることが困難です。
しかし、『勉強計画』を立てることによって、「本番目までの何月にここまでの単元を終わらせる」「もっと勉強ペースを上げる必要がる」といった長期間の細かな目標設定を行うことで「今の勉強ペースで本番までに間に合わせることができるか」といった指標になります。

綿密な「スケジューリング」が合格への近道になると言えるでしょう!


「モチベーションの向上に繋がる!」

みなさんテストで自分の目標点をとったとき嬉しいですよね?

勉強を計画通り進めることが出来た時も同じで、「数学の範囲を終わらせることが出来た!」「英単語100個覚えられた!」と達成感を感じることが出来ます。

受験勉強での「モチベーションの底上げ」は非常に大切であると言えます!

ぜひ意識をして取り組んでみてください!!

勉強の技術 すべての努力を成果に変える科学的学習の極意 (サイエンス・アイ新書)


『戦略』おすすめな月ごとの勉強法

 

こちらは「私立文系」視点で説明させていただきます。

4月

受験勉強計画を立てることが重要!!
4月は受験生として改めて気持ちが勉強に向く時期です。
年間の綿密に勉強の計画を立てて着々と実践的に勉強をしていくことが重要になります。

科目としては、まず、「英単語」を押さえていきましょう!
大学受験の覚える英単語はとにかく多いです。
早い段階から、英単語を押さえていきましょう。

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)

DUO 3.0

5月

勉強への集中を意識しましょう!
4月の「受験意識」が薄れて中だるみしてしまう時期でもあります。
「適度な休憩」と「勉強意識」を保てるようにしましょう!
オススメとしては「志望大学」をある程度定めて、モチベーションを持つようにして入りことです。
 
4月と同様に「英単語」に注力すること。
また、英文を読みなれていくために、音読などを心がけましょう!
(私が所属をしていた塾・東進では、音読をかなり推奨されていました。)

 

6月

不安や自信がなくなる時期。。
この時期もの結果がなかなか出ず、焦ったり自信を無くす最初の時期であり多くの方がおちいられると考えられます。

その先も何度も経験することですので、自分なりのストレス解消法を身に着けておくとよいでしょう。

私立文系ですと、大半が社会科として世界史・日本史を選択していると思います。
夏休みに入る前までに授業の進度に関係なく、全範囲一周を学習しておくことがお勧めです!

また、古文・漢文の単語・文法の勉強も進めておくとよいでしょう

7月

全科目を全範囲一週!
完璧に学習する必要はありません!
記憶の定着としては薄くてもかまわないのでとにかく全範囲一周すること!
これをすることで二週目の記憶の定着率が確実に向上するためです!

8月

過去問研究&基礎固め!
8月といえば、夏休み!受験生の一つの山場といえるでしょう!
まずやるべきことは、志望大学の過去問研究です!
なぜか
大学ごとによって試験内容・形式・問題の種類は大きく異なります!
この8月の時期に過去問に触れることで、問題傾向を抑え、9月以降自分がどんな問題を集中的に学習をしていけばいいのかをわかるようにしましょう!

8月には必ず各科目の基礎基本を頭に入れましょう!
この時期にできない場合相当、危険であることを意識ましょう!

 (↓こちらもご覧ください!)

www.mo-riya.net

 

9月

ひたすら問題演習!
とにかく問題をこなし、自身の苦手分野を把握し、克服できるようにしましょう!
誰しもが苦手科目・苦手分野があります。
夏休みで基礎を身に着けた後には不得意分野の苦手意識を克服しましょう!

 (↓こちらもご覧ください)

www.mo-riya.net

 

10月

学校や塾ではセンター試験対策が本格化されてくる時期であると考えています。
私立大学の場合「センター利用」での受験方式もあります!
センター試験対策にも積極的に取り組みましょう!
基礎・基本の問題が中心になりますので、本命大学の試験の練習にもなると思われます。

11月

我慢と緊張の時期!
この時期に志望校の判定がまだ足りていないと焦って、志望大学のレベルを落とす学生が多く見受けられます。
しかし、私は最後まで模試の成績が「c」判定以上になることはありませんでした。
模試の成績が悪くても落ち込まないでください!模試と本番は関係がありません!

この時期はとにかく苦手分野をつぶしていくことが第一に大切です!

12月

過去問研究!
今までの努力で培った知識・学びを活かし、センター・志望大学の過去問にとことんぶつけていきましょう!!

どの問題にも癖や傾向は必ずあります!
筆者が「Ⅽ」判定上取れないなかで合格できたのは、徹底した『過去問研究』をおこなったためです!

1月

本番!!
まずはセンター試験、一月下旬にも私立大学の試験がスタートします。
とにかく本番までの練習・準備を怠らないでください!

第一志望大学前に必ず、試験慣れとして滑り止め大学の試験を受けるようにしましょう!!
一発本番は、メンタルが強くないと本当の実力を発揮することが難しいと言えます!
1年間の努力が発揮できるようにやり切りましょう!

センター試験過去問研究 国語 (2019年版センター赤本シリーズ)

まとめ

みなさんどうでしたか?
受験勉強は長く険しい戦いです!
綿密な計画と戦略を立てて本番に臨みましょう!